読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
倉島 圭 - 24のひとみ 第1巻(2006)
今年はアタリの漫画が多い。
この「24のひとみ」は週間少年チャンピオンにて連載している嘘つき学園ギャグ漫画である。
この作品は・・・嘘つき美人教師・ひとみ先生が嘘につぐ嘘で人々を苦しめるお話

というオープニングの紹介文そのまんま。

嘘をひたすらつき続けるとこうもおもしろくなるのか。と感心せずにはいられない。いいところに作者は目を付けた。そして背景がシュールレアリズムというか、芸術性がある。これは文章では表現しづらい・・・
キメのコマでの構成力のある絵とギャグセンスに嫉妬ですよ。

そのギャグのネタがブラックすぎて掲載していいのかよ、おい、とこっちがつっこみを入れたくなるような描写も。
そして細かいところにいろんな小ネタが。
「学級新聞好きな有名人No.1ヒトラー」
いやー、ブラックすぎるよwww

絵が上手いのか下手なのかよくわからないが、キャラクターの区別がつきにくいところがやや難点。

今年のデトロイトメタルシティに次ぐ新漫画です。

24のひとみ 1 (1)
24のひとみ 1 (1)
posted with amazlet on 06.08.11
倉島 圭
秋田書店 (2006/08/08)

【2006.08.11 Friday 01:51】 author : bookvader
| 漫画 | comments(0) | trackbacks(9) |
佐藤秀峰 - 特攻の島 (2006)
海猿、ブラックジャックによろしくの作者である佐藤秀峰の新作です。タイトルからもわかるように大東亜戦争の時の人間魚雷「回天」の搭乗員のお話。熱い血潮が駆け巡るあの時代の青年たちの熱き思い、苦悩する若者、当時の価値観でしか見えない側面があり、決して今の価値観で断罪していいものではない。いろいろと考えさせてくれる良作になりそうな予感です。中盤でグデグデな展開にならないことを願います。

しかしこの作者の書く絵は本気度が違うね。今の仕事に全精神を注ぎ込んでいる様がひしひしと伝わってくる。いつ死んでもおかしくないくらいの迫力がある。やはり死をテーマにしている作家は気合いが違うのであろうか。



特攻の島 1 (1)
特攻の島 1 (1)佐藤 秀峰


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2006.05.02 Tuesday 09:14】 author : bookvader
| 漫画 | comments(1) | trackbacks(0) |
西原理恵子 - 毎日かあさん3 背脂編 (2006)
よくもまあ自分の息子がバカだってこを臆面もなく漫画に書けるなぁ。と思う暇もなく、あまりの息子のアホさ、娘の女としてのしたたかさに爆笑。スターバックスで読んでいて思わず何度も吹き出してしまい、絶対変な人だと思われたのは間違いない。

毎日新聞で週間で連載している西原理恵子の家庭を描いた漫画。実際はもっと厳しい現実がたくさんあると思うのですが、その中から爆笑エピソードを選りすぐりにして(捏造、誇張はあるかと)描いています。

あまりの息子のアホアホっぷりに成長が大丈夫かとこちらまで心配してしまいますw

毎日かあさん3 背脂編
毎日かあさん3 背脂編西原 理恵子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2006.05.02 Tuesday 09:03】 author : bookvader
| 漫画 | comments(0) | trackbacks(2) |
福満 しげゆき - 僕の小規模な失敗 (2005)
まさしく高校〜大学時代の俺の劣等感を丸出しにした作品。
大槻ケンヂの「グミ・チョコレート・パイン」という決して文学界では認められることのない最強のMy文学作品がある。それに似ている。

著者のダメダメっぷりが痛いほど伝わる。しかしそれを読者が攻めることはできない。なぜならこれはギャグ漫画であるから。著者の痛々しい生活やだめっぷりを笑おうというのだ。

思春期の妄想っぷりが最高である。そしてそれはきっと今でもずっと続くのであろう。決してモテるやつには理解できない本であり軽蔑される本。そしてなによりもこの漫画を好きだと公に叫べない俺がふがいない。

お気に入りのシーンは彼女が畳ジャンプするところ。

僕の小規模な失敗
4883791955福満 しげゆき

青林工芸舎 2005-09
売り上げランキング :

おすすめ平均star
star「すべてがダメになる大いなる予感!」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.10.19 Wednesday 23:49】 author : bookvader
| 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
田中圭一 - ヤング田中K一 (2005)
ヤング田中K一
4537104228田中 圭一

日本文芸社 2005-07-22
売り上げランキング : 1,348

おすすめ平均star
star笑撃
star2005年ビジネス書ベスト1!
star絵を捨てて浮かぶネタあれ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



すっかり田中圭一に嵌ってしまいました。手塚治虫と本宮ひろ志の絵が同居しているのが滑稽さをさらに加速させてくれます。

サラリーマン漫画家という肩書きだけあって、漫画家以外のサラリーマン人生を漫画にした傑作。某有名玩具会社タ○ラに勤めていた内容を漫画化。ちょうどバブル絶頂期時代だけあって、そのハチャメチャぶりは凄まじい。新入社員に対するイジメや商品開発の裏側、玩具会社のなんたるかがよーくわかりましたw

相変わらずの下ネタ全開ぷっりも素晴らしい。2足のわらじは大変だと想うけど、こんなに面白いネタを提供してくれるならこれからもその二つの世界を生きてください!!

それに女に関するトラウマ話も最高に面白い。

最高だ!!
【2005.09.10 Saturday 23:52】 author : bookvader
| 漫画 | comments(0) | trackbacks(4) |
田中圭一 - 神罰 (2002)

サラリーマン金太郎ではなく、サラリーマン漫画家の田中圭一。しかしそんなことはあまり重要なことではない。

特筆すべきはその画風だ。タイトルの通り「神罰」が下るタブーに触れる画風。あの日本の漫画の神様である手塚治虫の画風そのまま。しかも下ネタのオンパレード。あるようでなかった、いやあまりに恐ろしくて誰も考えもつかなかった手法だ。

手塚治虫の他にも本宮ひろ志(サラリーマン金太郎)、永井豪(デビルマン)、福本伸行(カイジ)、藤子不二雄(ドラえもん)のパロディも堂々とやってのける力量も凄い。
そういえば昨年には漫¥画太郎先生が珍入社員金太郎なる絵柄は画太郎風だがストーリーがそのままサラリーマン金太郎になっているパロディというか原作を超越した作品だったが連載数回でなかったことになってました。

最後には「局部くん」というタイトルそのまんまなネタが続く。最高です。

帯の「訴えます!!ライオンキングは許せても田中圭一は許せません!!」by 手塚るみ子(怒
の煽りもよかったがカバーを外した漫画の素晴らしさといったらない!!私は田中圭一を支持します。


神罰―田中圭一最低漫画全集
4872572963田中 圭一

イースト・プレス 2002-08
売り上げランキング : 3,874

おすすめ平均star
starつぎの餌食はだーれだ?
star確かに神罰です。
star傑作なのかもしれない?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【2005.09.07 Wednesday 02:58】 author : bookvader
| 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
吾妻 ひでお - 失踪日記 (2005)


恐るべきギャグ漫画だ。

獄中日記とかあるけどシニカルになったり
辛い日々を書いている作品はあるけれど、
淡々とした作者の乞食生活を描いている。
それがギャグとして成立しているのだ。

仕事がイヤになりタバコを買ってくると言いそのまま失踪。
自殺の方法も木の上から首を吊るのではなく、
山の斜面を利用したなんとも弱気な自殺方法。
それで死ねるはずもなく、乞食生活がスタート。

しかし、どんな極限状態でもタバコと酒だけはやめられないのだろうか。
私は両方ともやらないのでその楽しみや苦しみがわからないのですが。
カレーと音楽がない生活は耐えられそうもないけど。

生きてればなんとかなると思わせてくれる
自殺する前とか鬱で仕方がないときに読むといいかも。
【2005.08.16 Tuesday 23:47】 author : bookvader
| 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
二ノ宮 知子 - のだめカンタービレ (2002〜)


クラシック音楽の少女漫画です。
音楽大学生の生活を描いています。

ギャグが秀逸、さらにクラシックを演奏している場面、
これが圧巻。BECKに通じるものがあります。
BECKのアニメはあまりにも音楽が糞で視聴やめました)
絵が音を放出しているのです。しかも感動で鳥肌が立ってくる。

クラシックは敷居が高くてあまり聴けていなかったのですが
この漫画を見たら聴きたくなりました。
こんなサイトもあります。

で、早速クラシックに詳しいお方にこの漫画を薦めて
漫画に出てくるCDを聴かせてもらいました。
しばらくはCDVADERでクラシックを紹介することになるかも。

【2004.11.28 Sunday 01:42】 author : bookvader
| 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
漫☆画太郎 - ハデーヘンドリックス物語(2002)


♪ギブミー チョコ ギブミー ガム
おくれよ おくれよ 兵隊さん
ニッポンあげる お返しに♪

衝撃的な作品。
ハデーヘンドリックスが歌う歌詞はこれだけである。

絵をコピーした手法を多様しているので
手抜き作家のように言う人もいるが
画太郎はテクノ漫画家だと思う。

そのテクノ漫画家がロックスターを描いた作品。
スターとは何であるかを今一度考えさせられた。
己が感じ、表現する狂気が一般大衆まで広く
浸透させることがスターの役割ではなかろうかと。

最高です。

よし、この歌詞で一曲創ってみようかな・・・

【2004.08.15 Sunday 23:30】 author : bookvader
| 漫画 | comments(2) | trackbacks(0) |