読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
大槻ケンヂ - ロコ! 思うままに (2006)
大槻ケンヂの作風が変わった。青春とか妄想とかを描いていた彼の作風は或る意味ぬるいものだった。

しかし、ステーシーで猟奇殺人系のお話を書いてからぶっ飛びだした。この「ロコ! 思うままに」は短編を集めた作品だが、旅立ちをテーマにしていると感じた。特に今までの彼の作風と変わっていたのがセックスを描いていることだ。今までは童貞青年のオナニーなどの描写が多かったが、きっちりとセックスを描いていてびっくりした。それも大槻自身が体験してきたであろう、赤裸々な描写でエロスが伝わってきた。半分以上本当の話だろうとわかる。

ラストの書き下ろしが最高だ。ロックとは何かを考えるときにこの短編は必ず読むべきでしょう。ハデーヘンドリックス物語にも通じるロックとは!?に答えてくれる最高の本だ!

ロコ! 思うままに
ロコ! 思うままに
posted with amazlet on 06.06.20
大槻 ケンヂ
光文社 (2006/05/20)

【2006.06.20 Tuesday 04:17】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(9) |
内田春菊 - ファザーファッカー (1993)
タイトルの通り中学生の少女が養父に犯され、家出をする話。家出をした後の話の方が気になったがそれには触れられずに終わってしまったのが残念。俺の予想ではもっとダメダメになっていることだろう。

どんなに厳しいことやってもエロには勝てないのだろうか。でも仕方ないか。男はそういう風にできてるのかね。あえて養父とのあの場面の描写がないので、実母のむごさが余計に伝わってくる。

当時はベストセラーだったらしいが、今なら内容はそこまでショッキングなものではないです。時代が違うね。

ファザーファッカー
4167267047内田 春菊

文藝春秋 1996-10
売り上げランキング : 16,914

おすすめ平均star
starひどい親達と、耐える娘
star邪悪な家族からの逃避
star勇気あるカミング・アウト

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.12.17 Saturday 00:10】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(0) |
石田衣良 - アキハバラ@DEEP (2004)
池袋ウェストゲートパークでちょこっと出てきた秋葉原の電脳軍団をもっとダメ人間にして、もっと素晴らしいことをやった集団のお話。

石田衣良の書く人物像はやっぱり弱い。キャラクターの魅力の半分も出せていないのではないか。ページの吃音ばかりが文章としては目立ち、他のキャラクターの特徴がさっぱりつかめない。そこが残念なところ。

ストーリーはまあまあ面白かった。何よりもこのお話に出てくる次世代サーチエンジンのアイディアが素晴らしい。AI型で一人一人に合ったサーチエンジン。そんなサーチエンジンが実際に出てくることを今から心待ちにしております。


アキハバラ@DEEP
4163235302石田 衣良

文藝春秋 2004-11-25
売り上げランキング : 17,923

おすすめ平均star
star池袋よりアキハバラ
star人によってはIWGP以上!
star最高でした!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.12.16 Friday 01:02】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(0) |
石田衣良 - 池袋ウエストゲートパーク (1997)
この原作のドラマは一度も見たことがない。長瀬や窪塚が出ていたらしい。長瀬はともかく窪塚はかなり雰囲気にしっくりくるなぁと読後に思った。

とても勢いのある小説。著者近影のなんだか貧弱そうな顔からは想像できないお話。池袋の若者のストリートの様子を描いたものだ。主人公が中立的な立場で頭がキレてとても感情移入はできない。そこが弱い。

だがグイグイと文章のスピード感に引き込まれあっという間に読んでしまった。人気が出るのも頷ける作品。

池袋ウエストゲートパーク
4167174030石田 衣良

文芸春秋 2001-07
売り上げランキング : 1,747

おすすめ平均star
star形容詞のミックスジュース?
starどうでしょう
starスピード感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.12.16 Friday 00:55】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(1) |
石田 衣良 - 4TEEN (2003)
直木賞受賞作品。

中学生の男子の話。ただし東京は月島の男子のお話。田舎者の私とは共感する部分が少なかったがやはり中学生というのは人生の中で一番アホな時期であることがよーくわかる。

ちょっぴり感動する中学生のありそうでない日常。ここまで芯が強ければ羨ましいです。これから青春を迎える中学生に是非とも読んでいただき、心の支えになってくれれば嬉しいです。というか昔の自分に見せてやりたいわ。

4TEEN
4101250510石田 衣良

新潮社 2005-11-26
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.12.16 Friday 00:44】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(0) |
前田司郎 - 愛でもない青春でもない旅立たない (2005)
現代という時代を見事に切り取った作品。

しかし決してそれはおもしろいわけでもなんでもない。この作者が言いたいことはさっぱりわからん。きっと何もないのであろう。

「愛でもない青春でもない旅立たない」
ただのペニスである。
そういう感想しかない。
空っぽの文学。

愛でもない青春でもない旅立たない
4062130742前田 司郎

講談社 2005-09-16
売り上げランキング :

おすすめ平均star
star共感。愛でもないし旅立たないし、青春でもないかも。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.11.24 Thursday 20:48】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(2) |
山崎豊子 - 沈まぬ太陽 (1999)
沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)
4101104263山崎 豊子


おすすめ平均 star
star一人でも多くの人が読むべきです
starあのとき何があったのか・・・
star旧態然とした組織の中で荒波に揉まれる主人公の運命は?
star国民航空だけの話ではない
star相変わらずの卓越した取材に基づいたストーリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


壮大な小説だ。
ノンフィクションとフィクションが入り混じった話であり、
御巣鷹山事故をよく知らない私のような若い世代には全てがフィクションであり、
ノンフィクションでもあるわけです。

アフリカ編上・下、御巣鷹山編、会長室編上・下と全五巻にわたる
JAL(日本航空)の体質と腐敗の様子がわかる。
しかし、これだけを鵜呑みにしてはいけないですね。
当然経営者側からの視点もあるわけだし。
(まあ実際には山崎豊子氏は取材拒否されたわけで・・・)

もう一方の視点については小説「沈まぬ太陽」余話(掘 に詳しい。

山崎豊子氏は本作品を書き上げるために徹底的な取材を行い、
リアリティに溢れる文章を綴っています。
何かに取り付かれたような気迫のこもった文章がグイグイと読者をひきつけます。

大まかに3篇に分かれているのですが、
私はアフリカ編が一番好きです。
壮大な大地と人間の無力さがよく伝わってきます。

御巣鷹山編では主人公というものの存在が希薄になり、
事故の様子と原因を示す様々な事象が断片的に綴られている。
当時5歳くらいだった私は当然覚えていません。
この事故が人為的なミスであったことがこの本を読んで初めてわかりました。

最後の会長室編はやりきれないラスト。
結局4つに分かれた労働組合を合併することはできず、
現在ではさらに分裂し10程度まで膨れ上がっているようです。
しかも今年は本当にJALの事故が多い。
まだ墜落事故が起きていないのが不思議なくらいだ。

私個人の感想としては恩地のような
聖人君主みたいな人間がいるとは思えない。
人間はどこか汚くてずるいものであるから、
人間の綺麗な側面を恩地に、汚い側面を経営陣(行天)側にと


この本の主人公である恩地元こと小倉寛太郎氏は
JALを辞めた後にはアフリカで写真家として動物達を激写。
2002年に逝去している。

ベッドシーンがあることからも容易に想像できたことだが、
行天は架空の人物である。

また会長の国見こと伊藤淳二氏はまだ存命です。
カネボウではワンマン社長として有名ですね。
そのカネボウも粉飾決算ですが・・・

人物についての考察はこちらのサイトに詳しい。

今後読む予定の本

墜落の背景―日航機はなぜ落ちたか〈上〉
4062098849山本 善明

講談社 1999-09
売り上げランキング : 212,217


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



自然に生きて
4406028439小倉 寛太郎

新日本出版社 2002-01
売り上げランキング : 48,023

おすすめ平均star
star期待はずれが大正解
starいいんですけど・・・
star分かりやすい本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人生
4569528155伊藤 淳二

PHP研究所 1990-08
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【2005.09.01 Thursday 23:50】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(81) |
篠田 節子 - レクイエム(1999)


ストーリー7
衝撃度5
感情移入1

タイトルから想像が難くないように死にまつわる短編集です。
現実と虚構の隙間に潜む物語です。

gooの辞書によるとレクイエムとは、
(1)カトリック教会で、死者のためのミサ。死者が天国へ迎えられるよう神に祈る。典礼文の入祭文がレクイエムで始まるところからいう。
(2)死者の鎮魂を願う入祭文を含めて作曲した、死者のためのミサ曲。鎮魂曲。鎮魂ミサ曲。

一体著者は誰のためのレクイエムでしょうか。
鎮魂を願うどころか全く救いのない話が多いです。

特に、幼児虐待話の「コンクリートの巣」は全くもって救われない、というか絶望しか見えないです。
希望が見えるものとしては、バブルの頃に戻りたいと願う一発逆転話「帰還兵の休日」くらいでしょうか。

バブルの浮き沈みを描いた「ニライカナイ」、迷路のようなマンションに閉じ込められる「コヨーテは月に落ちる」は不思議な物語です。

主人公は中年の女、男なので全くもって感情移入はできません。
ただ短編、かつ文章が読みやすいのでスラスラと読破できます。
30〜40代の人には面白いかもしれませんね。
【2004.09.01 Wednesday 22:44】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(0) |
宮本輝 - 錦繍(1982)

これまた死の臭いがする作品。

非常に変わった文体で綴られる小説だなぁ。
男女間の数通の手紙のやりとりのみで全てを表現している。
”前略”で始まり、”かしこ”で終わる。
限定された表現方法で何かを伝えるのは難しいけれど
それが何の違和感もなく読み進められるのはさすがといったところ。

浮気や不倫はしたことがないけど(まず前提となるものが・・)
とても思春期というか青春を感じさせる内容。
きっと出会いや終わり方がそういう感じなんだろう。

結婚してて実際に不倫やら浮気をしたことがある人には
どういった印象に映るんだろう。
10年後に再読してみようかなぁ。
(それまでには・・・)
【2004.08.17 Tuesday 23:31】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(0) |