読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< スイス政府編纂 - 民間防衛 | main | 波田陽区 - ギター侍の書 (2004) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
橘玲 - マネーロンダリング (2002)



香港在住もぐりのコンサルタント・工藤をある日、美しい女・麗子が訪ねる。「5億円を日本から海外に送金し、損金として処理して欲しい」彼女の要求は、脱税の指南だった。4ヵ月後、麗子は消えた。5億ではなく50億の金とともに。すぐに工藤は東京へ。麗子と50億の金はどこへ?マネーを知り尽くした著者による驚天動地の金融情報小説!


何が一番おどろいたかというと、元大阪国税局総務課長の玉木雄一郎が解説をしているところです。その国税局総務課長が太鼓判を押すほど専門知識には間違いがなく、脱税、株式などの手法に関して著者が精通していることをうかがわせます。

ノンフィクション小説なのですが、実際に行っているオフショア投資に関するスキームはリアリティがあり(スケールが大きすぎてついていけない面もありますが)、法律の隙間をついたものであることがわかります。

この本の中で工藤が幾つか解説しているスキームはきっと膨大なお金がとれるコンサルタントなんだろうなと思ってしまいました。私のような安月給のサラリーマンではあまり問題とは感じませんが、数千万単位になってくると、やはりなんとか節税したいものです。その具体的な節税(脱税?)方法が事細かに書かれています。物語の中でも銀行役員やコンサルタントが工藤の説明に顔を青くしているシーンがありました。この物語の内容を実践すれば50億も夢ではないかも知れません。しかし、またそれを実践する気にはさせてくれない結末となっています。

それにしても著者は香港について詳しいですね。
さらに金融界の全てを知っているかのような知識を持ち合わせています。
ここまでの知識を身に付けるにはどうしたらいいのでしょうか。
普通の本にはかいてあるのでしょうか。うむむ。
勉強あるのみです。
【2004.11.09 Tuesday 23:02】 author : bookvader
| 政治経済 | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 23:02】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
はじめまして、本読みちゃんことりんりんです。

マネーロンダリングは本当にすごい小説ですよね。
私も何度も読んでしまいました。

橘さんの本はどれを読んでも勉強になりますね。

また、こちらへおじゃまさせていただきますね。
| りんりん | 2004/11/15 7:15 AM |
>りんりんさん
コメントありがとうございます。

はじめまして。
橘さんの本は他には「黄金の羽の拾い方」をよんだことがあります。この人の本を読むとタックスヘイブン地でオフショアしよう!と野望に燃えてきます。(利用できるほどのお金はありませんが^^;


りんりんさんのサイトにもちょくちょくお邪魔させていただきますね。
| bookvader | 2004/11/16 10:44 PM |
解説をしている元大阪国税局総務課長の玉木雄一郎さんが衆議院選で香川二区より出馬しました。ブログがありますので、是非アクセスしてみて下さい。
  www.tamakiyuichiro.jp
| 郭靖 | 2005/08/11 4:09 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/17
トラックバック
マネーロンダリング
マネーロンダリング 以前に同著の「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」(橘玲)を読んだこともあって興味があったので手に取ってみた。オフショア銀行を利用した租税回避、資金洗浄の方法をベースとした小説。 国際金融事情に詳しい著者の指南書的な要素が強いの
| ある起業家の日々〜株と起業と心と | 2005/01/14 6:00 PM |
△0394 『マネーロンダリング』 >橘玲/幻冬舎
 背表紙あらすじ:香港在住もぐりのコンサルタント・工藤をある日、美しい女・麗子が訪ねる。「五億円を日本から海外に送金し、損金として処理してほしい」彼女の要求は、脱税の指南だった。四ヶ月後、麗子は消えた。五億ではなく五十億の金とともに。すぐに工藤は東京
| 苗村屋読書日記(Blog) | 2005/04/06 9:35 PM |