読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 橘玲 - マネーロンダリング (2002) | main | 飯田 和夫 - 激動の樺太より生きて祖国に帰還して (2004) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
波田陽区 - ギター侍の書 (2004)


最近話題らしい。ギター侍こと波多陽区。
私もテレビで2度ほど見たことがあります。

彼の笑いのスタイルはネタの毒舌とそのセリフ回しにある。だからこうして本(ネタ帳)として出版されたのを見ると笑えないのである。毒舌だけが表に出てきてしまっていて
本を読んでいると「あ〜、確かにね。」といった納得に変わってしまうのです。

あのマイナーコードのギターフレーズ(ここがはなわとは決定的に違う)からつむぎだされる彼の焦燥感がセリフの中に感じられて笑いを誘う場面もある。(最後の「いうじゃない〜」だけで笑いがとれることもある)

絵本よりも短い時間で読み終わってしまった。昼飯の弁当を食べながら片手間で読んでいたけれどご飯を噴出すことはなく、「へ〜」、「そうだよね」と納得して終了してしまった12分間でした。

最後のコメントで切腹ネタ(自分のことをネタにしている)があるのですが「まだ私仕送りもらってますから!!」

果たしてこの本のベストセラーのおかげで、逆に仕送りをする側になることは間違いないでしょう。この芸人タイプは一発屋で終わってしまうことが多いので今から資産形成をしっかりして投資なりをした方がいいということは誰も忠告はしないでしょう。
【2004.11.16 Tuesday 23:58】 author : bookvader
| タレント | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 23:58】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/18
トラックバック
ギター侍の書
ギター侍の書
| しゃばなしゅば書房1号 | 2009/06/04 3:58 PM |