読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 長谷川 慶太郎 , 中谷 彰宏 - 情報王 (2001) | main | 吾妻 ひでお - 失踪日記 (2005) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
ラルフ・タウンゼント - 暗黒大陸中国の真実 (2004)


この本の何が凄いかというとアメリカ人の書いた本であるということ、
そして1933年に書かれた本であること。

1933年はどんな時代だったのでしょうか。
1918年に第一次世界大戦も終わり帝国主義が一度は沈静化します。
日本も1920年に国際連盟に加わります。
そして1929年の世界恐慌を発端に日本の経済も大打撃を受け、
その資本を国外に求めるようになりました。
1931年に満州事変が勃発。
1933年には国際連盟からの脱退。

著者のラルフは1931年に上海に、その後は福建省へと向かい1933年に帰国。
そしてその年にこの本を書き上げました。
内容が以下に過激であろうが、そのことについて謝罪するつもりは全くない。(中略)いくら辛かろうと現実は現実であり、この狭い世界に中国人と一緒に我々は住んでいるのである。臭いものに蓋をしては何事も成し遂げることはできないのである。

序文でこう述べるように決意、覚悟を持ってラルフはこの本を書き上げたのです。

本の内容については私のページではなく、オルモルフさんのWEBで詳しく書かれています。

人間の本質はたかが70年で変わるものではありません。
(日本のような原爆による終戦、GHQの洗脳作戦がなければですが)

この本が教えてくれることは日中戦争前、中国がどのような状況で
日本がどのような考えを持っていたか、そして何が起こっていたのかを
敵国でもあるアメリカ人の目を通して痛いほどに真実が伝わってきます。

はっきり言ってここまで酷いとは想像もしていなかった。
日本が満州事変に突入した背景が今ひとつわからなかったのだが
この本を読んで時代背景が鮮明になり、中国の真実を理解しているのは
日本だけだったことがよくわかった。

アメリカ人宣教師のために書かれた本のような出来だが
現代の日本人が読むべき、読まなければいけない本である。
これこそ中学生か高校生の歴史の副読本として必須。
当時の中国の状況を理解せずに歴史を勉強することは危険である。
ただいたずらに日本が侵略を繰り返したかのように見えてしまう。
特に九か条の要求や満州事変については今までの疑問が氷解するほど。

昨年のアジアカップでの中国人の暴動の原因、民族性に
なんかおかしいなぁと思った人は読んだほうがいいでしょう。
中国人の本質がよくわかります。

翻訳者である先田賢紀智のページはこちらから。
【2005.07.28 Thursday 21:41】 author : bookvader
| 歴史 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 21:41】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=BOOKVADER&address=http%3A%2F%2Fbookvader%2Ejugem%2Ejp%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
| みんなのプロフィール | 2005/07/29 8:02 AM |
お久しぶりです。りんりんです。

ご紹介されている本、私も読んでみたいと思います。
最近まで中国で起きていたデモとかいまいち理解していないところがあったので。
考えさせられそうですね。

さて、橘玲さんの新刊が出ましたね。読まれました?
私は早速読みました。
近いうちに感想を載せますので遊びに来てくださいね。
| りんりん | 2005/08/05 8:49 PM |
お久しぶりです。
かなり更新さぼってました、すいません。

まだ新刊見てないです。
私も読んでみます。
| bookvader | 2005/08/14 11:19 PM |
その本、読んでみたいです。「マオ」も読みました。ひどい話でした。中国が恐るべき性格を持つのは理解しております。
彼らは日本乗っ取りを画策していますから、今、現代の若者は中国問題を本気で勉強するべきであると思っております。
侵略されてからは遅いですからね。
ブログ頑張ってください。
| なるなる | 2006/10/31 4:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/32
トラックバック