読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< ラルフ・タウンゼント - 暗黒大陸中国の真実 (2004) | main | 京極夏彦 - ルー=ガルー ― 忌避すべき狼 (2001) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
吾妻 ひでお - 失踪日記 (2005)


恐るべきギャグ漫画だ。

獄中日記とかあるけどシニカルになったり
辛い日々を書いている作品はあるけれど、
淡々とした作者の乞食生活を描いている。
それがギャグとして成立しているのだ。

仕事がイヤになりタバコを買ってくると言いそのまま失踪。
自殺の方法も木の上から首を吊るのではなく、
山の斜面を利用したなんとも弱気な自殺方法。
それで死ねるはずもなく、乞食生活がスタート。

しかし、どんな極限状態でもタバコと酒だけはやめられないのだろうか。
私は両方ともやらないのでその楽しみや苦しみがわからないのですが。
カレーと音楽がない生活は耐えられそうもないけど。

生きてればなんとかなると思わせてくれる
自殺する前とか鬱で仕方がないときに読むといいかも。
【2005.08.16 Tuesday 23:47】 author : bookvader
| 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 23:47】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/33
トラックバック