読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 冨士信夫 - 南京大虐殺はこうして作られた (1995) | main | V・A・アルハンゲリスキー - プリンス近衛殺人事件 (2000) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
田中圭一 - 神罰 (2002)

サラリーマン金太郎ではなく、サラリーマン漫画家の田中圭一。しかしそんなことはあまり重要なことではない。

特筆すべきはその画風だ。タイトルの通り「神罰」が下るタブーに触れる画風。あの日本の漫画の神様である手塚治虫の画風そのまま。しかも下ネタのオンパレード。あるようでなかった、いやあまりに恐ろしくて誰も考えもつかなかった手法だ。

手塚治虫の他にも本宮ひろ志(サラリーマン金太郎)、永井豪(デビルマン)、福本伸行(カイジ)、藤子不二雄(ドラえもん)のパロディも堂々とやってのける力量も凄い。
そういえば昨年には漫¥画太郎先生が珍入社員金太郎なる絵柄は画太郎風だがストーリーがそのままサラリーマン金太郎になっているパロディというか原作を超越した作品だったが連載数回でなかったことになってました。

最後には「局部くん」というタイトルそのまんまなネタが続く。最高です。

帯の「訴えます!!ライオンキングは許せても田中圭一は許せません!!」by 手塚るみ子(怒
の煽りもよかったがカバーを外した漫画の素晴らしさといったらない!!私は田中圭一を支持します。


神罰―田中圭一最低漫画全集
4872572963田中 圭一

イースト・プレス 2002-08
売り上げランキング : 3,874

おすすめ平均star
starつぎの餌食はだーれだ?
star確かに神罰です。
star傑作なのかもしれない?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【2005.09.07 Wednesday 02:58】 author : bookvader
| 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 02:58】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/39
トラックバック