読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 橘玲 - 永遠の旅行者 (2005) | main | 大口敬 - 「交通渋滞」徹底解剖 (2005) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
エドワード・ゴーリー - 題のない本 (2004)
独特の雰囲気でマニアックな人気のあるエドワード・ゴーリーの絵本です。「題のない本」というタイトルに偽りはなく、意味不明もはなはだしい。

擬音の単語と固定カメラのようにある一部の風景の変化を描いた作品です。この作品から一体何を読み取ることができるでしょうか。人によって感じることは様々。

私は楽しいひと時をぶち壊すひとつの要因が全ての物事を台無しにしてしまう悲しみが感じられました。ゴーリーがそういった経験を受けたのではないでしょうか。私個人にも思い当たる節は多々ありますが(笑

京極夏彦もいいけどエドワード・ゴーリーもね。

ひぴてぃ うぃぴてぃ

おくしぼりっく

ふらぴてぃ ふりぴてぃ、

せぁらげいしゃむ

しっぷ、

さっぷ、

すー

さんぶるびぃ すたんぶるびぃ、


題のない本
4309267831エドワード・ゴーリー 柴田 元幸

河出書房新社 2000-11-02
売り上げランキング : 37,509

おすすめ平均star
star題もなければ理由もなく・・・
starひぴてぃ うぃぴてぃ
starはまります!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.10.26 Wednesday 06:50】 author : bookvader
| 絵本 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 06:50】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/53
トラックバック
「敬虔な幼子」 エドワード・ゴーリー
敬虔な幼子posted with amazlet on 05.11.07エドワード ゴーリー 柴田 元幸 河出書房新社 (2002/09/11)売り上げランキング: 8,141Amazon.co.jp で詳細を見る ま、けっこう前なんですが、エドワード・ゴーリーの絵本をどばっと買って読みました。 特に読みたかったのは
| 日記風のもののようなもの。 | 2005/11/10 12:42 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/07 3:35 AM |