読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 大口敬 - 「交通渋滞」徹底解剖 (2005) | main | 折原一 - 螺旋館の奇想 (2005) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
誉田哲也 - 疾風ガール (2005)
最初はNANAにあやかった本だと思った。しかし読み進めていくうちにそれは全く違うことがわかった。これは子供と大人の境目にいる青少年のための御伽話であるのだ。

大人になりきれない、子供じゃいられないギリギリの19歳の女ギタリストが主人公である。優しくもあり残酷でもある社会、そして現実に突きつけられた競争社会。ご都合主義な展開ではあるけれど作者が投げかけたメッセージは感動的なラストシーンで昇華された。

NANAとは違った魅力に溢れた小説でした。

疾風ガール
4104652024誉田 哲也

新潮社 2005-09-29
売り上げランキング :

おすすめ平均star
starロックンガール!
star絶対に女の子にオススメ! 元気がでるよ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.11.02 Wednesday 00:19】 author : bookvader
| 音楽 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 00:19】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/55
トラックバック
疾風ガール 誉田哲也
あたしが連れてってあげるよ、ビートと熱狂の果てまで。 あたし、夏美。19歳、んでギタリスト。愛器の真っ赤なギブソンで、大好きなメンバーとぶっ飛んだライブの毎日……ずっと続くと思ってた。魂の底からリ...
| 粋な提案 | 2010/11/24 3:48 PM |