読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 辺見じゅん - 女たちの大和 (2005) | main | 本田透 - 電波男 (2005) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
門田 隆将 - 裁判官が日本を滅ぼす (2005)
裁判官がいかに常識知らずで前例ありきの判決をしているかが如実にわかる本である。法の番人たる裁判官の非常識振り、横柄な態度、酷いわ〜。

特に酷いのは少年犯罪を扱った例。明らかに少年法を盾に取って、まるで反省してない加害者たち。

あとは公明党がやばいね。民事裁判の損害賠償の値段を釣り上げろと要求している!!週刊新潮とか訴えられまくって3000万円突破してるから。ってこの本出版してるの新潮社じゃん!!
あと著者の門田 隆将ってのはペンネームで実際は門脇護っていう週刊新潮の記者さんみたいです。ぐぐったら創価学会系のHPがゴロゴロ出てきましたw

そんな影の戦いも見てみると面白いかもしれません。

裁判官が日本を滅ぼす
4101231419門田 隆将

新潮社 2005-10
売り上げランキング :

おすすめ平均star
star知らない裁判官
star読むべき本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.11.22 Tuesday 22:10】 author : bookvader
| ノンフィクション | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 22:10】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/59
トラックバック
告発についての説明
 あまりのアクセスの少なさに正直なところ気が滅入っています。書き込みを続けて行けば、記事数が増えて伝わらない部分も多くなって行くことでしょう。私としてもいつまでもこんなことを繰り返している訳にはいきません。  このアクセス数の少なさには、問題そのもの
| 現代司法の問題点 | 2005/11/22 10:47 PM |
週刊新潮
週刊新潮『週刊新潮』 (しゅうかん しんちょう) は新潮社から発行されている週刊誌である。1956年創刊であり、日本の出版社系週刊誌としては最も歴史が古い。2005年現在、発行部数で後発の『週刊ポスト』『週刊現代』を抜き『週刊文春』に次いで第2位である。かつてはテ
| 雑誌辞典 | 2005/12/01 11:09 AM |