読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 東野圭吾 - パラレルワールド・ラブストーリー (1995) | main | 石田衣良 - 池袋ウエストゲートパーク (1997) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
石田 衣良 - 4TEEN (2003)
直木賞受賞作品。

中学生の男子の話。ただし東京は月島の男子のお話。田舎者の私とは共感する部分が少なかったがやはり中学生というのは人生の中で一番アホな時期であることがよーくわかる。

ちょっぴり感動する中学生のありそうでない日常。ここまで芯が強ければ羨ましいです。これから青春を迎える中学生に是非とも読んでいただき、心の支えになってくれれば嬉しいです。というか昔の自分に見せてやりたいわ。

4TEEN
4101250510石田 衣良

新潮社 2005-11-26
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.12.16 Friday 00:44】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 00:44】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/69
トラックバック