読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 石田衣良 - アキハバラ@DEEP (2004) | main | 三島由紀夫 - 禁色 (1951) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
内田春菊 - ファザーファッカー (1993)
タイトルの通り中学生の少女が養父に犯され、家出をする話。家出をした後の話の方が気になったがそれには触れられずに終わってしまったのが残念。俺の予想ではもっとダメダメになっていることだろう。

どんなに厳しいことやってもエロには勝てないのだろうか。でも仕方ないか。男はそういう風にできてるのかね。あえて養父とのあの場面の描写がないので、実母のむごさが余計に伝わってくる。

当時はベストセラーだったらしいが、今なら内容はそこまでショッキングなものではないです。時代が違うね。

ファザーファッカー
4167267047内田 春菊

文藝春秋 1996-10
売り上げランキング : 16,914

おすすめ平均star
starひどい親達と、耐える娘
star邪悪な家族からの逃避
star勇気あるカミング・アウト

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005.12.17 Saturday 00:10】 author : bookvader
| 文学 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 00:10】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/72
トラックバック