読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 菅野聡美 - <変態>の時代 (2005) | main | 東野圭吾 - 白夜行 (1999) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
小峯 隆生 - 海上保安庁特殊部隊SST (2005)
謎が多い海上保安庁が誇るテロ対策部隊SST(Special Security Team)の発足の歴史から現在までの状況を元SSTの隊員からのインタビューを元に書き記した本である。

この特殊部隊の存在を知るにはとてもわかりやすい本ですが、もっと詳しいことが知りたいと思ったらダメです。SST入門編といったところ。海猿の救助隊よりもSSTの方が熱い何かを感じますね。

海上保安庁特殊部隊SST
4890631933小峯 隆生

並木書房 2005-11
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2006.01.26 Thursday 00:49】 author : bookvader
| 戦争 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 00:49】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/77
トラックバック