読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 東野圭吾 - 白夜行 (1999) | main | 西原理恵子 - 毎日かあさん3 背脂編 (2006) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
小野田寛郎 - たった一人の30年戦争 (1995)
小野田寛郎さんをご存じですか?
30代くらいの人まではわからないかもしれません。(私は20代ですが)
終戦後もフィリピンのルバング島で作戦を30年間も続けた最後の帝国軍人なのです。その生き様は戦後の平和ボケした日本人にはショッキングに写ったことでしょう。そのルバング島での体験と復帰後20年経った現在(1995年)を語った熱い本です。

小野田さんは日本に帰国後100万円を国から支給されたときには迷わずに靖国神社に奉納しました。記事でも触れていましたがルバング島では家族のことは諦めていて心に浮かばなかったそうです。一緒に生死を共にした戦友が、「靖国(九段)で会おう」と散っていった桜のために靖国に100万円を奉納した小野田さんの言い分は全くもって正しいです。軍国主義の復活なんて全く論理的ではありませんね。

私はIT系の会社で仕事してるのでサバサバした人間関係になってますが、私の身内が自衛隊なんです、やっぱり絆が深くなりますね。苦楽を共にした仲間の絆はキラキラと輝いているのですか。

なんでもカネ、カネの世界に嫌気がさしてブラジルで小野田牧場を作った小野田さん、そして小野田自然塾を開き子供と一緒に自然を体験する教室を開く小野田さん。ホリエモン(自民党)のようなカネの亡者よりも熱い魂をはぐくむことが大切であるとよくわかります。

私はまだ25年しか生きてませんが、それよりもさらに長い30年間を孤独な戦争状態で過ごした小野田さんは凄すぎます。

たった一人の30年戦争
たった一人の30年戦争小野田 寛郎

おすすめ平均
starsやっぱり小野田さんはすごいと思う・・・
stars事実は小説よりも奇なり
stars生きるとはどういうことか
stars日本人は何かを何処かにおいてきた。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2006.04.19 Wednesday 01:51】 author : bookvader
| 戦争 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 01:51】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/79
トラックバック
【歴史】 『たった1人の30年戦争』
鈴木紀夫という人がいました。 彼には夢がありました。 「パンダ、雪男、そして小野田少尉に会いたい」 鈴木青年は24歳になり、小野田少...
| 神様はその辺をウロウロしていません | 2009/08/15 2:38 PM |