読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 関岡英之 - 拒否できない日本 (2004) | main | 赤塚不二夫 - これでいいのだ (2000) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
石持浅海 - 扉は閉ざされたまま (2005)
刑事コロンボのような展開。
まず犯人と殺人の模様を描き出して、最初に犯人が誰かをわからせてしまう。

この物語の最大の謎は殺人の動機である。真相が明らかになったときに果たして納得できるほどの動機であるのか?そんな理由で殺人を犯すのか?

何気ない会話の隅々に巡らされた複線の数々。探偵役の美佳の姿を想像するだけでわくわくしてくる、そんな美佳の凄さを楽しめるエンターテイメント推理小説です。

扉は閉ざされたまま
扉は閉ざされたまま石持 浅海

おすすめ平均
starsちょっと冗長
starsたまには倒叙ものも
stars是非、読んで
stars世界はそれを「本格」と呼ぶんだぜ
stars彼の作品のベストかも!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2006.05.29 Monday 21:41】 author : bookvader
| ミステリー | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 21:41】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/85
トラックバック