読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 石持浅海 - 扉は閉ざされたまま (2005) | main | 小板橋 二郎 - ふるさとは貧民窟なりき (1993) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
赤塚不二夫 - これでいいのだ (2000)
タモリ、柳美里、立川談志、北野武、ダニエル・カール、荒木経惟、松本人志との対談集です。

明らかに柳美里だけ浮いている。しかし、この対談は凄い。赤塚不二夫とまともにやり合っているのは立川談志のみ。酒を飲みながらグダグダとあることないことをしゃべり倒す。

タモリを発掘したのが赤塚不二夫なんていうのは知らなかった。そしてタモリの若い頃の無茶苦茶な話も楽しく読めた。即興で何でもできちゃうとか、一度見たものはすぐに吸収しちゃうとかはタモリの才能だ。今はタモリが一番輝いているのはタモリ倶楽部のみだが・・・

ダニエルカールに対しては「おまえらアメ公に負けたのが悔しい」なんて本音トーク。いいねぇ、こういった本音が聞きたかったよ。

普段のテレビとは全く違った面を見せてくれるのがこの本の面白いところです。昭和中期の日本を知らないあなたにお勧めの一冊です。

これでいいのだ。―赤塚不二夫対談集
赤塚 不二夫
メディアファクトリー (2000/01)
売り上げランキング: 142,298
おすすめ度の平均: 4.5
4 うーむ。そうか。それでいいのか。
5 花のように

【2006.06.16 Friday 01:34】 author : bookvader
| エッセイ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 01:34】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/86
トラックバック
「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を読んだのだ
 昨年、赤塚不二夫が病で倒れ、現在も昏睡状態が続いているということを知り驚きました。 この本は、かつて少年サンデーで赤塚不二夫の担当編集者だった筆者が、稀有のギャグ漫画家,赤塚不二夫の文字通り“波乱万丈”の半生を、冷静かつ思いに溢れたまなざしをもって
| われよりほかに | 2006/08/11 8:45 AM |