読書レビュー。週に1〜3冊は読書をしていて、ストーリーやら感想などを忘れないうちに書いておこう。
数十年後も続けていますように・・・(毎週火曜日更新予定ですが本を読み終わったら書き込みます)
 
<< 泡坂 妻夫 - 乱れからくり (1978) | main | 中西 智明 - 消失! (1990) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.08.23 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
筒井康隆 - ロートレック荘事件 (1990)
筒井康隆の叙述トリックが冴え渡る。映像にしたら一瞬でわかることだが、小説だからこそできるトリックが叙述トリックである。これがまたうますぎる。鬼才と呼ばれるだけの才能をいかんなく発揮してくれます。

見事に騙されました。

しかも扱っているテーマが筒井康隆らしいテーマで、これまた彼にしかかけない作品である。

ロートレック荘事件 新潮文庫
筒井 康隆
新潮社
売り上げランキング: 104467
おすすめ度の平均: 4.0
3 うーん
5 世界に類のない超絶ミステリ〜星10個
3 なかなかの野心作

【2007.02.01 Thursday 23:50】 author : bookvader
| ミステリー | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
【2007.08.23 Thursday 23:50】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bookvader.jugem.jp/trackback/98
トラックバック
ロートレック荘事件 筒井康隆をレビュー
ロートレック荘事件のレビューです
| 推理小説ランド | 2007/02/22 9:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/23 3:02 PM |